作品賞の番狂わせトップ15(歴代)

順位 受賞作 事前予想の最有力 開催年
わが谷は緑なりき

炭鉱夫の家族の心あたたまる交流を描く。 平凡な人生を人間的に謳い上げた叙事詩。 最多10部門にノミネートされており、最有力の一角ではあった。 「家族の団結」という戦時下に受け入れられやすいテーマだったことが、得票につながったと言われている。
市民ケーン

映画史上、最高の傑作として語り継がれている。 本作がベストだとの評価は、当時のアカデミー会員の多くも認めていたという。 しかし、映画の主人公のモデルとなった新聞王ハーストが腹を立て、作品に対する攻撃を展開したことが、投票に響いた。 26歳の新人監督へのやっかみもあったとされる。

 予告編(Amazon)→
1942年
恋におちたシェイクスピア

ハリウッドの辣腕プロデューサーだったハーヴェイ・ワインスタインの猛烈なキャンペーンの威力が発揮されたと言われる。ただ、作品自体は一般の人たちには好かれており、とくに女性の間ではサプライズ受賞を喜ぶ声が多かった。

 予告編(Amazon)→
プライベート・ライアン

名匠スピルバーグ監督が生んだ名作。戦争映画の最高峰として評価されている。
1999年
ロッキー

無名の主演(スタローン)と無名の監督による低予算映画。しかも、アカデミー賞で不利となる大衆的なスポーツ映画。
大統領の陰謀
タクシードライバー
ネットワーク

この年は歴史的な名作に恵まれ、オスカー史上最大の激戦となった。
1977年
クラッシュ

映画の公開時期が春だったため、不利だった。前哨戦でも負けが続いていた。授賞式で発表したジャック・ニコルソンも、驚きの表情だった。

 授賞式の発表の瞬間→
ブロークバック・マウンテン

台湾のアン・リー監督による同性愛の恋愛映画。監督賞は予想通り獲得したが、作品賞は逃した。授賞式後、アンリー監督もショックを隠せない様子だった。
2006年
地上最大のショウ

オスカー作品賞の受賞作の中で、評論家の評価が最も低い。
真昼の決闘 1953年
炎のランナー

英国作品。バンゲリスによる作曲賞は予想されていたが、それ以外に作品賞、脚本賞、衣装デザイン賞を獲得。番狂わせの4冠となった。授賞式の会場は驚きに包まれた。
黄昏
レッズ

「レッズ」は12部門ノミネート、「黄昏」は9部門ノミネート。作品賞はこの2作の一騎打ちと予想されていた。ところが、7部門ノミネートの「炎のランナー」に敗れた。
1981年
ブレイブハート アポロ13 1996年
パラサイト 半地下の家族 1917 命をかけた伝令 2020年
我が道を往く 深夜の告白 1945年
10 ムーンライト ラ・ラ・ランド 2017
11 スポットライト 世紀のスクープ レヴェナント 蘇えりし者
マネー・ショート
2016
12 巴里のアメリカ人 陽のあたる場所
欲望という名の電車
1951年
13 ドライビング Miss デイジー 7月4日に生まれて 1989年
14 フォレスト・ガンプ/一期一会

高い評価を得た名作だが、他のノミネート作品も名作だったため、厳しい争いが予想されていた。
ショーシャンクの空に
パルプ・フィクション

この2作品は、熱狂的ファンが多い。このため、作品賞を逃したときのショックは大きかった。
1995年
15 ミリオンダラー・ベイビー

クリント・イーストウッド監督による低予算のやや地味な映画。オスカー前哨戦では、ほとんど勝てなかった。
アビエイター 2005年
16 グリーンブック ROMA/ローマ

この年の最多ノミネート。 前哨戦での勝率も高く、有力視されていた。 受賞すれば「ネット配信会社の映画で初」「外国語の映画で初」という快挙だった。
2019年